中・韓・英語
対応可能!
 
メール配信システム

ロゴデザインって何?制作の進め方と依頼方法

2021年07月14日(公開日2021年07月14日)

Facebook Twitter
  • 基礎知識
  • デザイン

①ロゴってなんだろう?

 

 

みなさん「ロゴマーク」という言葉はよく耳にすると思います。

ロゴというのはそれぞれの会社であったり団体の理念であったりイメージを表現したものアイコンのようなものです。

例えば有名な電化製品の会社であれば、製品についているマークを見るとひとめでどこの会社のものなのかぱっと理解することが

出来ますよね。そういった意味でロゴは大きなグループの顔ともいえるものでしょう。

また、ロゴがあることでブランドイメージをユーザーに認知してもらうためのものという位置づけもあります。

ロゴはシンプルな中でブランドイメージや伝えたいメッセージなどがアイコンのなかに凝縮されて出来ているんです!

 

 

➁ロゴの種類

 

ロゴと一重にはいってもロゴのなかにもいくつか種類が存在します。今回は普段大きく3つに分けてロゴの種類をご紹介します!

 

コーポレートロゴ

こちらが一番ロゴと聞いて最初にイメージするものではないでしょうか。上記でも挙げさせていただいた企業向けのロゴは、

正式にはコーポレートロゴと呼ばれています。

会社のブランドイメージを象徴するシンボルマークであるため、名刺や会社案内のカタログであったりサイトなどにも必ず掲載

されています。

 

サービスロゴ

企業がユーザーに提供する商品やサービス単体でのイメージづくりに使用されるのがサービスロゴです。

全ての商品・サービスをコーポレートロゴで統一している企業ももちろん多くありますが、サービスや商品・店舗のニーズやイメージに

合わせてそれぞれ新しくロゴを制作するという場合もあります。そのような使われ方をすることから、サービスロゴのほかにも「ショップロゴ」

「ブランドロゴ」という呼ばれ方をする場合もあります。

 

認定ロゴ

国や機関の一定の審査を受けて基準を正式にクリアしていることを表すために使用されるのがこちらの認定ロゴです。「認証ロゴ」と呼ばれる

こともあります。こちらは製品やサービスの安全・信頼性を高めるために使用されています。

 

 

➂ロゴの依頼方法

 

ここからはロゴをご依頼する際の流れをご紹介します!

ロゴ制作で一番重要なのは、企業(または団体や商品など)と制作側で認識をしっかりと合わせることです。

ロゴというのはイメージを定着させ、ユーザーに覚えてもらうという役割があります。なので、一度決まると基本的には何年も使い

続けることがほとんどです。

そのような観点から企業理念やイメージカラー、コンセプトなどをしっかりと固めたうえで制作を進めていきましょう。

進め方としては以下のような進め方になります。

 

①ヒアリング

➁ヒアリングに基づいたデザイン制作

➂再度すり合わせ

④ロゴの決定

 

綿密なヒアリングをした後、認識の齟齬がないようにはっきりと土台を固めたうえでデザインを着手します。デザインが完成すると、今度は

それぞれデザイナーがデザインに込めた意味やイメージをお互いにすり合わせ、確認したうえで決定という流れで進めていきます。

また、決定後に背景色に合わせたカラーパターンなども制作しやっと最終的な完成となります。

 

 

デザインボックスなら

 

ここからは弊社のデザインボックスのサービスをご紹介していきます!

(興味のない方はスキップしてくださいね)

 

定額制デザインサービスのデザインボックス、そしてデザインボックスを運営している株式会社B.A.Dの方ではサイト制作などを広く行っています

が、サイトのリニューアルなどに立ち会わせていただく際に、合わせてロゴマークも新しくしたいというご依頼をよくいただきます。(もちろんサイト

制作がなくてもご依頼可能です!)

その場合は専任の担当者がブランドイメージや企業理念、イメージカラーなど丁寧なヒアリングをさせていただき、イメージにしっかりと合った

ロゴマークを制作させていただきます。また、ロゴマークを変更するに伴って名刺や制服のデザインなどなど合わせてご依頼いただけますので、

一括してお任せいただくことが可能です!

デザインボックスではオンライン向けデザインからオフラインの紙媒体のデザインまで多様な用途に合わせてご依頼していただけます!

依頼したことがあまりなく、依頼の方法が分からない...という方も安心してお気軽にご相談くださいね!

 

お問合せはこちらから

 

 

 

関連記事 関連記事