中・韓・英語
対応可能!
 
メール配信システム

HTMLメールとチェックツール

2021年01月29日(公開日2021年01月21日)

Facebook Twitter
  • 基礎知識
  • トレンド

前回のデザインボックス(DesignBox)ブログではHTMLメールとレスポンシブいう事で、

HTMLメールでデバイス毎にデザインや文章を最適化する事が出来て、定額制デザインサービスのデザインボックス(DesignBox)では、

チェックツールを用いて、型崩れが起きていないか等のチェックをしてお出ししているので、

高品質なデザインと制作物での提出が可能になっているという話しをさせて頂きました。

今回はチェックツールに関してもう少し詳しくお話ししようと思います。

①チェックツールの必要性

デザインや文字などが型崩れを起こしていないかチェックするためには、

様々なメーラー(outlook,google,yahooなど)とそれぞれのデバイス(iphone,Android,PCなど)毎にチェックが必要です。

Iphone一つとっても色々な種類があり横幅のサイズも異なりますし、常に新しい機種が出てくるため、

常に全てのデバイスを用意して、チェックするというのは不可能に近いです。

定額制デザインサービスのデザインボックスでもご用意があるデバイスに関しては、

実機で確認する事も契約時間のご相談次第で出来ますが、ご用意がないものに関してはチェックが出来ないため、

定額制デザインサービスのデザインボックス(DesignBox)ではLitmusというチェックツールを使用して確認をしております。

 

②チェックツールに関して

各メーラーとデバイスを選べるようになっているので、定額制デザインサービスのデザインボックス(DesignBox)では、

配信先がPCで見る事が多いか、スマートフォンで見る事が多いかを打ち合わせの際にお伺いしています。上記で申し上げた通り、

様々なデバイスとメーラーの掛け合わせがあるため、全てを100%キレイに表示させるのは至難の業です。

だからこそ重要視されるデバイスやメーラーをお聞きして、最小限のリスクになるようにしています。

時にはiphoneXだけ余分な白線がデザイン上に出てきてしまうため、そちらを修正したら他のデバイスに影響が出てしまう事もあります。

チェックツール上で対応しているデバイスをチェックして提出させて頂いているので、高品質なデザインと制作物の納品が可能になっています。

下図が実際にそれぞれのメーラーでこのように見えていると確認出来るページの画像です。

定額制デザインサービスのデザインボックス(DesignBox)では、HTMLメールを制作する際の基本パックとして、

チェックツールを用いてのチェックを入れております。そこまでしなくても大丈夫じゃないの?

もっと料金が安い方が良いのでは?と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、

自分がHTMLメールを受信した時に文字化けをしてしまっているメール、画像やデザインがキレイに表示されていないメールを

受け取っても読む気はおきませんよね?せっかく制作(作成)するからには高品質なデザインで型崩れが起きないHTMLメールを届けた方が、

結局反響数や問い合わせ増につながるため、チェックツールを使用しているかはコーディングを依頼する際には、質問してみる事をおススメします!

                                                                      

デザインボックスなら

デザイン定額(サブスク)制サービスなので、それでも工数を削減したいからチェックツールはなしに出来ないか

という相談にももちろんお応え出来ます。チェックツールを通さなくても基本的にはミスなくキレイに表示されるように

心がけて制作(作成)させて頂いておりますが、より精度を高めるために定額制デザインサービスのデザインボックス(DesignBox)

では使用しているとお考え下さい。詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい!

関連記事 関連記事