中・韓・英語
対応可能!
 
メール配信システム

コロナとHTMLメール

2021年03月22日(公開日2021年01月07日)

Facebook Twitter
  • トレンド
  • 技術

新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いします。今回のデザインボックスブログ記事はコロナとHTMLメールについてです。

新年を迎えるにあたってコロナの影響で変化が見られたのでそちらについてご紹介致します。

 

①コロナとメールマガジン

2020年コロナ一色でしたが、年の瀬にありがたい事に多くのHTMLメールの制作(作成)のご依頼を頂きました。

HTMLメールとはハガキDMについてでもご紹介しましたが、HTMLメールは一度制作(作成)すれば流用が出来る事と、

配信も何度でも出来るのでコストが抑えられる点、またこのコロナ禍で直接手に触れたものを送る事に対する配慮から年賀状ではなく、

年賀HTMLメールを送る事にした企業様が多くなったように感じました。

 

②年賀HTMLメールとは

弊社では毎年、年賀HTMLメールや年末年始休暇のお知らせなどはHTMLメールでお送りしているので、紹介させて頂きます。

左から今年の年賀HTMLメール、昨年の年賀HTMLメール、昨年の年末年始休暇のお知らせメール、一昨年の夏季休暇のお知らせメールです。

干支や2021年と入れると今年しか使えないですが、入れないパターンで制作(作成)は可能ですので、一度作れば毎年利用する事も可能です。

 

でも会社名も名前もなしでHTMLメールを送るのは躊躇われるな・・・と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

ご利用の配信ツール次第ですがデザインボックスで配信代行までお任せ頂ければ、会社名と担当者名の記載もお任せ頂けます。下図の赤枠をご覧ください。

挨拶文の前やヘッダー部分等にコードを設定して、配信する方のリストを共有頂ければ、

配信した際に赤枠部分の会社名と〇〇〇〇様の部分がリストと同じ情報を表示させる事が可能です。

今までテキストメールは送った事はあるけど、HTMLメールはよく分からない、

けど季節毎にハガキで送ったりしているけど、コロナもまだまだ終息しそうにないしどうしようか・・・

とお考えの方はぜひHTMLメールの制作(作成)をご検討下さい。

 

デザインボックスなら

デザイン定額(サブスク)制サービスなので、年賀HTMLメールのデザインから配信代行まで一気通貫でお任せ頂く事が可能です!

デザインにこだわりがなければ載せたい情報だけ頂いて、デザイナーにお任せで制作(作成)させて頂く事も可能ですし、

会社のイメージキャラクターを入れたい!せっかく制作(作成)するならオリジナルのデザインにしたいという

ご要望にももちろんお応え出来ますのでお気軽にご連絡下さい。

また単発での制作も大歓迎ですので、https://goodmail.bad-corp.com/ もぜひご覧ください。

関連記事 関連記事